トップページ > ポケットグラス > 老眼ってなに?40代からリーディンググラスが必要な理由

老眼ってなに?40代からリーディンググラスが必要な理由

今回は老眼鏡(リーディンググラス)が必要な理由をお伝えします。

そもそも老眼の症状とは一体どういったものをさすのでしょうか。
近くから遠く、遠くから近くのピントが合わせにくくなります。
ピントを調節する機能の衰えを老眼と呼びます。

手元が見えにくくなったり、物が見えやすい距離が今までよりも遠くなったりします。
ピントの合う距離が30㎝以上になると老眼鏡が必要になります。

では、老眼は何歳くらいから始まるのでしょうか?
一般に40歳頃からといわれていますが、早い人は30代後半くらいから始まります。

近年はスマホを使う人も増えて『スマホ老眼』という症状も見られるようになりました。
こちらは通常の老眼とは違い、長時間のスマホやタブレットの使用による目の疲れからくるものです。
こちらは目を休めることにより状態が回復します。

なぜ老眼鏡を使う必要性があるのでしょうか。
老眼鏡を使わずに文字を見続けると目や頭が重くなったり、頭痛や肩こりが起きたりなどの症状が出ます。

目を酷使することで、体にも悪い影響を与えます。
老眼鏡を使うことにより、目の疲れやすさが軽減されるので老眼鏡は大切なものです。

だからこそ、一日の生活の中で老眼鏡が必要な時にすぐ手に取れると便利ですよね。
ポケットに入れて持ち運べる『ポケットグラス』、手のひらサイズのおしゃれな相棒はいかがでしょうか。